村岡建プロフィール

昭和16年(1941年)1月12日、東京で生まれる。

一番初めに始めた楽器はハーモニカで、ジャズは自身が中学生の頃に関心を抱くようになっていった。 その後、クラリネットを弾き始め、アメリカを代表するジャズ・ミュージシャンである、 ジェリー・マリガンが結成したカルテット「ジェリー・マリガン・カルテット」の演奏する、 「バードランドの子守り唄」に感銘を受けることになる。

家庭の事情によって志望していた芸大への進学を断念。 文化学院在学中にはアルト・サックスを持ってクラブのアルバイトをおこなうようになり、 それと期を同じくして新宿に当時新宿にあったジャズ喫茶「キーヨ」に徹夜で通い詰める生活を続けていた。

1959年(当時18歳)、文化学院の卒業が間近となった頃に、 戦後の日本ジャズの先駆者ともいえるジャズ・ミュージシャンであるジョージ川口らで結成された 「ジョージ川口BIG4+1」にスカウトされ、プロとしてデビューすることになる。

その後、1960年6月に「五十嵐武要クインテット」へ加入するまでのおよそ1年間、同バンドで活躍した。

五十嵐武要クインテットには半年ほど籍をおいていて、この頃にテナー・サックスへと転向を果たしている。 銀座や銀巴里にて、稲葉国光や菊地雅章、日野皓正らとの出会いによりセッシヨンを重ねたのもこの頃。

この後、1964年4月には「白木秀雄クインテット」への参加、ビッグバンドの浜水俊朗とゲイ・スターズ、 白木クインテットで日野皓正とともに、1965年の10月にドイツのベルリンで開催されたベルリン・ジャズ・フエステイバルに出演した。

しかし、世界一流のジャズ・ミュージンシャンが集まる同フェスティバルで、自身の未熟さを痛感することになり、 これをきっかけに白木秀雄クインテットを退団、基礎からやり直すべく小原重徳と「ブルーコーツ」に入団した。 1966年1月のことであった。

ブルーコーツに在籍した1年半の間、サックス演奏技術を徹底的に磨くことに専念する。 ちょうどその頃、アメリカから帰国していたジャズミュージシャンである「ナベサダ」こと渡辺貞夫の教室にも通っている。 しかし次第にスランプに陥ってしまい、ふとしたきっかけで耳にしたR&Bバンドに好感を覚え入団。

その後は1967年に「沢田駿吾クインテット」に入団。 翌年に入団した「日野=菊地クインテット」や「日野皓正クインテット」での大活躍は、 日本のジャズ史に名を輝かす名クインテットとなるほどの大人気を博し、 マスコミからは「ヒノテルブーム」と騒がれるほどの社会現象を巻き起こした。

日野皓正クインテット退団後、今日に至るまでは、内外を問わず幅広いジャンルのミ歌手やミュージシャンとの共演を果たすなど、 精力的に活動を続けている。またサックスの第一人者として、後任の指導や育成にも力を入れている。

圧倒的な販売数を誇るメンズサプリが、更に進化したヴィトックスα。下半身に自身のないあなたも試してみる価値があります。

暇つぶしでも、がっつり読みでも、めちゃコミックが楽しめるスマホコミック

大人も楽しめるスマホコミックは、毎日めちゃコミックが読めるのです。

あきらめずに40歳すぎても成功できるペニス増大サプリの選び方は?

|links