クラシック

サクソフォーンによるクラシックオーケストラの代表的な作品

☆カストネル/ユダの最後の王
初演は1884年。オーケストラに取り入れられたファースト作品。

☆ビゼー/アルルの女
アルフォンス・ドーデの戯曲で上演のためにジョルジュ・ビゼーが全27曲の付随音楽を作曲した(1872年)。

☆ラヴェル/ボレロ、展覧会の絵(ムソルグスキー作曲/ラヴェル編曲)

「展覧会の絵」を、フランスのラヴェルが管弦楽へと編曲したことで、同作品は世界的に有名になった(1922年)。

☆ラフマニノフ/交響的舞曲
1940年に作曲された、ロシアの作曲家であるセルゲイ・ラフマニノフの最後の作品。

☆プロコフィエフ/キージェ中尉、ロメオとジュリエット
ロメオとジュリエットはバレエ音楽として有名。

☆ショスタコーヴィチ/黄金時代
ドミートリイ・ショスタコーヴィチによって作曲されたバレエ音楽

☆オネゲル/火刑台上のジャンヌ・ダルク
ポール・クローデルが台本を手がけ、アルテュール・オネゲルが作曲したオラトリオで、舞踏家であるイダ・ルビンシュタインに捧げられた。

☆ヴォーン・ウィリアムズ/交響曲第6番
1944年から1947年にかけてレイフ・ヴォーン・ウィリアムズが作曲した交響曲。

そのほかにも、ハチャトゥリアン/ガイーヌ(バレエ音楽、組曲)、コダーイ/ハーリ・ヤーノシュ(組曲)アルヴェーン/ダラーナ狂詩曲(スウェーデン狂詩曲第3番)、バーンスタイン/ウェストサイド・ストーリー(ミュージカル、シンフォニック・ダンス)などの代表曲が数多く存在する。

YahooGoogleMSNgooweb links